気学は「占い」ではありません。
”九星”気学の名の通り、「星」つまり「天体学」と言えます。 女性の身体の周期(=生命の周期)が月の影響を受けている事は科学的には何ら立証はされていないものの、誰もが知っている事です。 それと同様、個人~世の中~宇宙全体の全ての事象を九つの星に分類し、刻一刻と動き続ける星と地球、自然、そして私たち人間との関連性を知り、それを理論として捉え、利用する事によって自分の求める結果を導き出そうというものなのです。

「気」とは英語で「Life Force」。
映画「スターウォーズ」の中で、ジェダイの師が弟子に説く、「フォースを使え!」が正に「気」の世界。 「気学」とは、人・自然、そして宇宙の全てに宿る「Force=気」を知り、それを上手に生活・人生にとり入れ、心身ともに健康で幸福に過ごす為の智恵なのです。

今、世界の目は東洋に向いている。
「スターウォーズ」に見られる様に、東洋的思考に対する理解はアメリカは日本よりも遥かに進んでいます。 しかしようやく日本も「風水」等々のブームによって、その目が向けられ始めました。
と同時に、いい加減な知識を売り物にしている人たちも多く現れてきています。 それがまた「怪しい」イメージを与えてしまうのです。 しかも残念な事に私たちが目にする殆どが「怪しい」部類に属しているものなのが事実です。 困った事に、そこに使われている単語は見慣れない様な・・・、子供の頃から目にしている様な・・・、流派やら何やら、私たちには全く区別がつきません。

じゃあ、どうすれば本物に出会えるのか・・・?
残念ながら上記の通りです。
しかし、逆に「気学的思考」で考えれば、いたって簡単な事になります。 つまり、今こうしてこの文を読んでいるあなたは幸運にも本物に出会えていると言えます。 それを感じているあなただけが出会えているのであって、やはり「怪しい」と感じている方は出会えていないのです。

つまり「縁」なんですね?
本物に出会うのも縁、偽者に出会うのも縁。 それを受け入れるか否かも縁。 同じモノを各々の目で見ても、各々の見え方があります。 又、同じ人であっても、それを見る時と場所によっては見え方が違ってしまいます。
本物を本物として感じられるタイミングで本物に出会う。 それが、宇宙と自然、そして人間との関連性の面白いところなんですね? そしてそれには必ず理由があります。 偶然ではない、その必然性を知る事・・・。
それが気学なのです

teewai movie.comのDVDとは  気学DVD愛用者の声